teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:46/489 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

特殊相対性原理はインチキ

 投稿者:ひゃま  投稿日:2017年 8月13日(日)03時18分40秒
  通報 返信・引用
  双子のパラドックスがパラドックスなのは、ガリレイの相対性原理では少なくとも非慣性系は一体となった原理なのですが、特殊相対性原理では慣性系のみに限定する理由が不明なところなんです。

でもその慣性系の切り替えには、加速が必要になるのは必然なところなんですね。
そこらへんが、光速度不変と2つの原理くらい信じてみようか?からはじめちゃうと、消化できにくくする理由なんです。
そんでもって特殊相対論の背景である大域的な慣性系なんてない、慣性系は危険な概念だってアインシュタイン自体も言う結末になるんです。

でも光子のエネルギーはE=hfなのでプランク定数が入っていて、実はこれが万有引力定数より根源的な慣性重力定数とひゃまは考えてます。
だから、光子として、光を相互作用単位に分割して扱った時点で、特殊相対性原理じゃないんですね。

静止系は概念なんかじゃなくて、静止スケールにおける基準量を定義して他の物理量との相関をとるという重要な役割があるんですね。
その定義値の一つが光速度なんです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:46/489 《前のページ | 次のページ》
/489